Staff Blog ベルセゾンで働くスタッフが感じたことや考えたことを綴るリレーブログ

2018.05.12(Sat)

【「ありがとう」を音楽にのせて】

スタッフブログをご覧の皆様、こんにちは
サウンドアドバイザーの藤原です
5月もまもなく半ば。爽やかで過ごしやすい日が多くなりましたね

さて、5月と言えば13日の母の日、そして6月17日には父の日がございます
品物をプレゼントしたり、一緒に食事や旅行したり等、様々な感謝の伝え方がありますが
普段言えない気持ちを、音楽に乗せて伝えてみるのはいかがでしょうか

ご披露宴では親御様へ今までの思い出とともに感謝をお伝えするお手紙朗読や、花束・記念品贈呈の場面がございます
今回はそのシーンにおススメの「ありがとうソング」をご紹介いたします

【アンマー/かりゆし58】 
「アンマー」とは沖縄の言葉で「お母さん」のこと。ボーカルが自身の母に向けて作った曲で、歌詞の内容も自身の実体験だそう。リアルな母への感謝の気持ちが綴られています

【同じドアをくぐれたら/BUMP OF CHICKEN】 
自分の選択した道を進んで行くという前向きな旅立ちの歌

BUMPらしい様々に読み取れる歌詞ですが、個人的には個々の成長や生き様歌った内容だと解釈しました

【Aqua/坂本 龍一】 
お手紙朗読にはやはりインストゥルメンタルがお薦めです。この曲は坂本龍一が娘・坂本美雨の為に作ったのだそう

美しさの中にも切なさが残るピアノの旋律をバックにお手紙を朗読されれば感動に溢れる場面になります

お手紙朗読や花束贈呈はご披露宴の中でも最も感動的な場面でしょう

お生まれになってから今までの感謝の気持ちを伝える最高のシーンには最高な曲をお選びください

 

 

image1 (8)

 

 

ピアノやエレクトーンなどですと、お手紙が読みやすいようにアレンジできますので大変お薦めです
皆さんのお薦めの曲、お使いになりたい曲は、是非お打ち合わせの際にサウンドアドバイザーにお聞かせくださいね

▲Page Top